お役立ち情報
よくわかる建築用語集
住まいを建てる時に直面する、難解な建築用語_専門用語を
一般的にわかりやすい言葉で解説します。意味を知りたい言葉が
あったらぜひ役立ててください。
か行さ行た行な行は行ま行や行ら行
あ行
アイランド型キッチン
キッチンユニットの一部または全部を壁から離し、
アイランド(島)のように独立させたキッチン。
--上がり框

玄関などの上がり口に取りつける横木や板。
ケヤキ、御影石、大理石など見ために美しいものがつかわれる。
--アプローチ
敷地の入口から建物の玄関をつなぐ通路。
客を迎える場所として、植栽などで演出をすることも多い。
--
RC
鉄筋コンクリート(Reinforced Concreteの略)。
圧縮力の強いコンクリートを、引張力の強い鉄筋で補強してある。
--入母屋屋根
上部が2方向に勾配する切妻屋根、
下部が4方向に勾配する寄棟屋根の形状をとっている屋根。
--ウォークインクローゼット
歩いて出入りできる大型の収納スペース。棚やハンガー
パイプが取りつけられており、おもに衣類を収納する。
--ウッドデッキ
建物の前、地面より1段高く設置する木製のテラス。
リビングと庭の中間にある半屋外空間としてつかわれる。
--エクステリア
門、扉、塀、物置、カーポート、庭、アプローチなど
建物の外構。反対語は建物の内装を指すインテリア。
--オープンキッチン
リビングやダイニングと同じ空間にあるキッチン。
部屋が広く見える、会話がしやすいなどのメリットがある。
--オール電化住宅
照明、空調、調理、給湯などに必要なエネルギーを、
すべて電気でまかなっている住宅。
--

か行

開口部
壁、屋根、天井などに設けられた、窓をはじめとする
穴の部分。採光、換気、眺望などの役割をはたす。
--カウンタートップ
キッチンにある調理台や作業台。用途などにあわせて、
ステンレス、人造大理石、無垢材など、様々なものがつかわれる。
--切妻屋根
本を開いて伏せたような形状をとっている屋根。
住宅の屋根の形状としては、もっとも代表的かつ一般的といえる。
--クローズドキッチン
リビングやダイニングなどから完全に独立させたキッチン。
煙や臭いがもれにくいなどのメリットがある。
--グルニエ
屋根裏部屋。収納スペースとしてはもちろん、
書斎、アトリエ、子供部屋など多目的に利用できる。
--蹴上げ
階段の1段の高さ。安全に昇降できるよう、
建築基準法では23cm以下に設定するよう決められている。
--珪藻土
植物プランクトンが化石化し土になったもの。
すぐれた断熱性、調湿性,吸臭性などから、内装材につかわれる。
--勾配天井
傾きのある天井。屋根の形状によってやむなく傾く場合と、
意匠性や機能性をねらいあえて傾ける場合がある。
--コートハウス
壁や塀で囲まれた中庭(コート)がある住宅。
プライバシーをまもりながら、かなりの採光と通風が確保できる。
--古材
古民家などを解体したときにでる木材。
趣きある風合いとすぐれた強度から需要が高まっている。
--

さ行
サイディング

建物の外壁につかわれる板状の建材。素材によって、
窯業系、金属系、樹脂系、木質系などにわけられる。
--在来工法

土台、柱、梁などで組みあげる日本の伝統的な工法。

設計の自由度が高い、増改築がしやすいなどの特徴がある。
--サンルーム

採光をふやすため、天井や壁に大きなガラス窓を設けた部屋。

居室としてはもちろん、温室などとしてつかうこともある。
--漆喰

石灰に麻などの繊維、フノリなどの膠着剤をくわえ、水で

練りあげた塗壁の建材。調湿性や防火性にすぐれている。
--集成材

乾燥・製材した小幅材を、繊維の方向をそろえて接着した木材。

天然木の欠点である割れ、反り、くるいなどが起こりにくい。
--人造大理石

樹脂でつくられた大理石風の建材。耐水性や耐久性にすぐれ、

キッチンのカウンタートップやバスタブにつかわれる。
--スキップフロア

床の高さを半階ずつずらした構造。壁や廊下ではなく

段差で仕切ることで、変化と広がりのある空間がつくれる。
--数寄屋造り

茶室の要素を取り入れた日本の伝統的な建築様式。

長押を省き、面皮柱、荒壁、下地窓などをしつらえる。
--セントラルヒーティング

建物の1ヵ所にボイラーなどの熱源装置をあつめ、

各室を暖める暖房システム。集中暖房、中央暖房ともいう。
--ゼロホルマリン

シックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物・

ホルムアルデヒドを含まない建材。
--

た行

耐力壁
建物の重量などによる垂直の力と、地震や強風による水平の 力に抵抗する壁。
建物を支えるためには不可欠である。
--三和土
石灰、土、水を混ぜて練りあげたものを塗りかためた土間。
現在ではコンクリートを塗ることが多い。
--ダブルシンク
キッチンに大小2つのシンクがついていること。
一方で食材を切り、一方で食器を洗うなど、用途にあわせてつかいわける。
--チムニー
煙突。暖炉の排煙のために取りつけられる煙突のほか、
外観の飾りとして取りつけられる煙突もある。
--2×4工法
木材の枠組に構造用合板などを張り、 面で構造を支える工法。
耐久性や耐震性にすぐれている。
--デッドスペース
設計上できてしまう利用するのが難しい空間。
例えば、階段下などが挙げられる。
--テラス
建物の前、地面より1段高く設置する広めの屋外空間。
リビングやダイニングからダイレクトに出入りできる。
--通し柱
2階建て以上の木造の建物で、土台から軒までを貫通する柱。
一般的な住宅では各階の柱より太いものがつかわれる。
--トップライト
屋根に設ける窓。壁面に設けた窓にくらべ、3倍以上の採光が確保できるとされる。
日照に不利な住宅などに取り入れられる。
--ドライエリア
階段の踏み面の端に取りつける滑り止め。
細かな溝を切るなどして、滑ったり踏みはずしにくくしている。
--

な行
長押
鴨居の上部で、柱を水平につなぐように取りつける横木。
かつては構造材だったが、現在は化粧材として扱われている。
--24時間換気システム
24時間、機械によって自動的に換気をおこなうシステム。
シックハウス症候群の防止をおもな目的としている。
--ニッチ
花や小物を飾るため、壁面をくぼませてつくる棚。
ダウンライトなどの照明を入れる場合もある。
--ヌック
キッチンの脇や階段の踊り場などに設ける空間。
家族が会話をしたり、作業をするスペースとしてつかわれる。
--濡れ縁
住宅の外部に設けられた縁側。
風雨にさらされ濡れてしまうため、このように呼ばれる。
--根太
床板の下にわたし、床板を支える横木。
材質や取りつけかたによっては床が鳴る原因となる。
--野地板
瓦をはじめとした屋根の仕上げ材を固定するため、
屋根の下地に張る板。おもに構造用合板がつかわれる。
--ノンスリップ
階段の踏み面の端に取りつける滑り止め。
細かな溝を切るなどして、滑ったり踏みはずしにくくしている。
--
は行

ハイサイドライト
目線より高い位置に設ける窓。
プライバシーをまもりながら、 部屋の奥にまで充分な採光が確保できる。
--パティオ
スペイン風の中庭。床にタイルやレンガを張るほか、
噴水や水盤を設けたり、草花や果樹を植える。
--はめ殺し窓
採光および意匠性を目的とする開閉できない窓。
フィックス窓、ピクチャーウィンドウともいう。
--パントリー
食品、食器、調理器具などを収納するスペース。
キッチンの隣に配置されることが多い。
--ビルトイン
収納家具や住宅設備がはじめから組みこまれている状態。
つかい勝手がよく、見ためもすっきりする。
--広縁
幅の広い縁側。一般的な縁側にくらべて30cm以上も広く、
ゆったりしているため、気軽な応接スペースとしてもつかわれる。
--ピロティ
1階は柱だけで構成し、2階から居住空間をつくる建築様式。
1階は車庫として利用されることが多い。
--ファサード
建物の正面の外観。外観としての見せ場があれば、
側面や背面もファサードという場合がある。
--ペアガラス
複層ガラス。2枚のガラスのあいだに乾燥した空気をはさみ密閉しているため、
断熱性や遮音性にすぐれている。
--ホームセキュリティ
火災、侵入、施錠忘れなど、住宅内の異常をセンサーが感知すると、
警報を鳴らしたり、警備会社に通報するシステム。
--

ま行

間柱
柱と柱のあいだに、約45cmの間隔で入れる柱。
構造を補強することはもちろん、壁の取りつけにも利用される。
--丸太組工法
樹皮を剥いだだけの丸太材や角材を水平に積みあげて
壁をつくる工法。ログハウスなどによく使用される。
--廻り縁
天井と壁が接する部分に取りつける棒状の化粧材。
それぞれの仕上げを美しくおさめるために取りつけられる。
--ミストサウナ
ほどよく熱い霧状の蒸気が噴きだすサウナ。
ドライサウナと ちがって低温多湿なため、肌や髪にやさしく、のぼせにくい。
--無垢材
1本の木からとったつなぎめのない木材。
調湿性にすぐれているほか、木本来の質感が楽しめる。
--免震構造
建物と基礎のあいだにゴムやダンパを入れ、
地震の揺れを吸収することで、建物の損壊・倒壊を防ぐ構造。
--モジュール
建物を設計・建築する際に基準となる寸法・単位。
1mを基準とするメーターモジュールが主流になりつつある。
--モルタル
セメント、砂、水を混ぜて練りあげた建材。
レンガなどの接着、塗壁の下地、仕上げなど、用途は幅広い。
--

や行
ユーティリティー
洗濯やアイロンがけなど家事をおこなうスペース。
キッチンやバスルームの隣に配置されることが多い。
--床下収納
キッチンや洗面室の床下に設けられた収納。
食品、洗剤、 掃除用具など、場所に応じて様々なものをストックできる。
--床暖房
床下に温水や電気を熱源とする発熱体を敷いた暖房。
空気を汚さずに、部屋全体をムラなく暖められる。
--ユニット工法
工場でつくった建物のユニットを、現場で組み立てる工法。
工期は短縮されるが、間取りの変更は困難になる。
--浴室換気乾燥機
バスルームの天井や壁に取りつけ、バスルーム内の換気や暖房、
バスルーム内に干した洗濯物の乾燥などをおこなう設備。
--寄棟屋根
4方向に勾配する形状をとっている屋根。
切妻屋根にくらべて雨が流れやすいほか、優雅な印象となっている。
--
ら行
ライトコート
採光のための中庭。ライトコートを中心に部屋を 配置することで、
家全体に自然の光をいきわたらせられる。
--琉球畳
縁がなく、縦と横の寸法が等しい正方形の畳。
モダンな印象から、リビングなどにつかわれることも多い。
--ルーバー
窓や扉につけるブラインド状の羽根板。
外からの視線を遮りながら、採光と通風を確保できる。
--ルーフバルコニー
階下の屋根を利用したバルコニー。
通常のバルコニーより かなり広いため、第2のリビングとして利用できる。
--レンジフード
キッチンのコンロの真上に設置し、料理の際にでる
水蒸気、油煙、臭いなどを、効率的に外へ排出する設備。
--ロールスクリーン
ロール状の布を引き下げたり巻き上げたりして開閉するカーテン。
天井から吊るせば、部屋の間仕切りとしてもつかえる。
--ロフト
屋根裏部屋。住宅の場合、部屋の上部を区切った中2階を指すことが多い。
寝室、書斎、収納スペースなど多目的に利用できる。
--
家道楽家族
○お役立ち情報トップ
----
○家づくりのお金の知識
----
○家づくりのスケジュール
----
○よくわかる建築用語集
----
○インテリアについて

家道楽ブログ 家道楽な情報がたくさん!動画で見る家づくり 参加企業を分かりやすく動画で紹介プレゼントコーナー アンケートでプレゼントをもらおう!展示場・イベント会場のお知らせ