相続した実家を売却

相続した実家を売却したいならまずは売却査定で見積もりを取ってみよう

 

 

相続した実家を売却したい。
実家を相続したけど住むつもりはない。
実家を売ったらいくらになるのか知りたい。

 

そんな悩みをお持ちでしたら、無料査定でいくらになるのか確認してみてはいかがでしょうか。

 

簡単に査定できてしかも無料。

 

マンションでも一戸建てでも査定できます。

 

もし査定額が気に入らなければ、売らなければ良いんです。

 

まずは一括査定サービスでだいたいの相場を確認してみるのはいかがでしょうか。

 

もしも良い価格で物件が売れそうだったら、売ることも真剣に検討してみてください。

 

相続した実家を売却しようか悩んでいるなら、一度査定をしてもらい相場を確認して、本当に売るかどうかの判断材料にしてみてください。

 

不動産売却の一括査定は以下からどうぞ。

 

 

不動産売却査定の詳細はこちら

 

 

 

 

空き家にするのはデメリットが多い

 

 

実家を相続したものの、別に住むわけでもなく、空き家にしてしまう方もいますが、これはあまりお勧めできません。

 

むしろ、デメリットが多いので、空き家にするのは避けた方が良いです。

 

なぜ、空き家が良くないのかというと、

 

・傷みやすい
・何かと物騒
・税金や費用がかかる

 

これらが理由です。

 

 

まず、「傷みやすい」についてですが、これは良く聞きますよね。

 

人が住まないと家はどんどん傷んでいきます。

 

人がいないと通気や通水がされないからです。

 

あと、害虫なども繁殖しやすくなります。

 

 

2つ目の「何かと物騒」というのは、空き家だと、いたずらされやすくなるからです。

 

不法侵入されたり、物を壊されたり。

 

中には、全く知らない人が勝手に住みついていたなんてこともあるそうです。

 

空き家だと、なかなか目が届かないので、こういった厄介なことが起こる確率が高くなります。

 

 

そして、3つ目の「税金や費用がかかる」ついてですが、固定資産税は不動産を所有することによって掛かる税金です。

 

住むわけでもなく、遊ばせているだけの空き家に税金が掛かるのはもったいないです。

 

それに、家が傷めば修理が必要になります。

 

住んでいないのにお金が掛かってばかばかしくなります。

 

 

このように、相続した実家に限らず、家に住まずに空き家にするのはデメリットが多いです。

 

空き家にするくらいなら売却してしまいましょう。

 

 

 

空き家はこれからも増え続ける

 

 

空き家率は年々増えています。

 

統計局のホームページで確認できます

 

 

これから空き家はもっと増えて、さらに売りにくくなるのが予想されます。

 

もし、売却を検討されているのでしたら、売れるうちに売ってしまうのも一つの手です。

 

 

 

 

相続や譲渡などで得た不動産の相場を把握しておきたいならコレ

 

 

相続した実家などの不動産を売りたい。

 

いくらくらいになるのか相場を知りたい。

 

 

そんな方は、無料売却査定サービスをご利用ください。

 

無料でできて簡単です。

 

査定してもらったからって、必ず契約しなければいけないということはないので安心してください。

 

 

利用者数300万人突破の人気サービスを紹介します。

 

一括査定なので複数の不動産会社を比較できます。

 

相続や譲渡などで得た不動産を売却したいならお試しください。

 

住宅や土地などを売りたい人におすすめのサービスです。

 

興味のある方はチェックしてみてください。

 

 

不動産売却査定の詳細はこちら

 

 

 

税金に関するサイトへのリンク集